手足が冷たい

こうしてパソコンをしていると手が冷たくなるのが・。・・なんとも悲しい。
それでもやらなくてはいけない事はして、あとは手を暖めるべく暖かいお茶など入れてカップで温める、っと。

足の先も冷たくなってます、感じるんです。
でもこれはお風呂に入らないあ限り暖かくならないので、感じないように気にしないようにしてます、
無理なんだけど。

冬は本当につらいです、、皆さんはどうですか?
私は冷え性なので冬はこたえます、冬なんていらない。

温泉に行きたい!

でも今は無理なのでひたすらやるべきことを頑張ってこなすわけです。
こんあつぶやきのようなブログを書くことでストレスを発散してるってわけ。
少しでも動かしていたら手先も暖かくなるかな、なんて夢のまた夢を夢見ながら・・・。
早く夏になればいい、そう思いながら。
とはいえ、もう少ししたらジムに行きます、ジムで軽く運動したらサウナで温まります。
こういう「夢」がないとやっていられないのです。
あー冬は嫌いだ。早く終われ。

ベンピすると・・

一般的に、ベンピするとおしっこもでにくくなる。
本当ですよーー。
ベンピしたことない人は分からないかもです。

あまりにも病的だと、家でできるのは、シャワーヘッドをとってお水を肛門にあてる、
、、、んですって。
あとはおとなしく医者にいく、、、カンチョウしてもらってよし、かな。

後は、市販のベンピ薬を飲む、、、ここまで来たらゴボウ食べても無駄でしょう。
そのくらいにまでなってます。
そう、、自分が今ベンピしてるんです。
困っています。
でもシャワーを当てるのもクスリも嫌で、こうしてこれを書いてひたすらトイレに行きたくなるのを待ってる、あはは。

知り合いはトイレの、しかも"昔のトイレ"の恰好すると出やすくなる、とのことでした。
それもありだね。
でもそれは出来るところと出来ないところがあるのだ。
公の場ではできないのだ。
家でならできても。

ということでひたすら出るのを待ってるという状態です。
ベンピしない人にはわからないですねー。
失礼いたしました!

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年はベンピしませんように。

ビジネスコンサルタント

コンサルタントの仕事をしてる人って実に多くて、いったいどこを選べばいいのかさっぱりわからないってことないですか?
自分の気に入ったやり方や担当者を選ぶわけですが、選ぶまでが実に多くて迷う。
結局ひゃ誰かの紹介とか、なにかの口コミをみて、とかになるんだよね。

コンサルをうけても「なんだ、こんなのネットでいくらでも出てくる話じゃないか」
であって、自分の質問に向き合ってくれてない感じがいなめない。
決して安くないですからね、ちゃんとやってもらいたいですよね。

ビジネスが成功してる人だって必ず相談するところがあって、
いろいろな試行錯誤して、お金使って、そして成功してるのだと思う。
またその成功だっていつまで続くか、ってところで日々苦労しているものなのだ。
楽してすんなり大きくなった人はいません。

スカイプを使ったコンサルも盛んですね。
じっさいに話をしていくのはとても有効だと思っています。
私も受けた事がありますけど、時間制限があっても話の途中で投げ出すこともなくてよかったです。
あれが「はい、時間となりました!」だったら続かなかった。
今はやめてしまっているけど、あんないいコンサルさんがいたらまた使いたいって思っています。
いいコンサルさんっていないんだよなーーー・・・・誰か紹介してくださーい。
ちょっと行き詰っていまーーす。

自己肯定感

日本人は欧米人に比べて自己肯定感が低いのだそうです。
自分は大丈夫!って思えない??みたいですねー。
もちろん自分だって思ってませんよ、でも比べると日本人はそうなのか、、、って。

自分の自己肯定感が低いと、逆にミエをはったりするので電車なんかでもわかるそうですよ、
例えば、真ん中の席で「俺はここだ!」ンなんて人は低い人なんだそうで。

どうしてかっていうと、自己肯定感の高い人はそんあ目立つことしなくてもいいから。

自己肯定感が無意識にでも高い人は、まわりのことに気を使わない、、、っていうとおかしいけど、
おかまいなしな傾向があるようです。
かといってワガママなわけじゃなくて、首長しない、という意味で。

まわりで、あんがい目立たない人がいたら、その人は自己肯定感が高いのかもです。
そんな人ほど、シアワセになれる。

人に不快感を与える雰囲気のある人は低い人。

高い人は人に不快感も与えないそうで。
こうやってみていくと心理ゲームみたいでおもしろーーい。

今後はそういう目でちょっと人を観察してみようと思います。

自己肯定感の高い人になっていきたいし。

オリンピック

東京オリンピックが近づいてきて、タトゥーがどうとか、暑さがどうとか、、
いろいろ騒がれていますが、皆さんOlympic会場へは行かれますか?

なんでも年賀状でチケットが当たるらしいですね(ガセネタ?)。

自分はあんまり、、、いやほとんど興味がないのですが、そういうこと言うと驚かれるので
なるべくオリンピックの話題はしないようにしています。
もともと興味ないわけだしね。

そんなOlympicを楽しみにしてる人がいて、、ちょっと困っています。
近づかないようにしてます。

何が楽しいのか。。。
ハイライトだkでえいい。
知らない競技については応援もできない。
ただ、日本がメダルをとれば嬉しいし、その努力たるや想像を絶するものだと思っていて、
そこをバカにするつもりはまったくないです。

オリンピックに熱中する人が理解出来ないだけで。
もしくは、わあつぃのようにオリンピックに興味のない人(けっこういますよ)を否定する人、が苦手です。

Olympicに出る人が頑張ってください、応援する人も、ご苦労様です。
でも、それだけです。

CIA

映画を見ていて、「CIAだ!」ってのがあって、その存在は知ってるけど、
あれってどうやってあそこに就職するの??って疑問が。
どこかに「君もCIA職員になってみないか!?」てな募集が出てるってことでしょ?

、、、あるらしい。。。本当に。

ウェブサイトもあるようで、そこには「面接までは長いよ」ってあって、じっさいすごい長いようです。
まーそれはそうかな、いろいろな事を調べるでしょうよね。
犯罪歴があったらいけないし、身元や、親戚関係までね。

面接をして、受かったらワシントンに行くことになるらしい。
そこで訓練なんかも受けるのかな。
なにしろ長い道のりをかけて就職することになるのですが、それでもCIAで働きたい人は是非応募してみてください。
日本語ができるっていうのが有利になるかどうかはおいとくとして、
英語は必須でしょうね、、、しかも相当なレベルで。

CIAやFBIで働きたい人って見た事も効いたこともないけど、
映画では一般の会社員みたいな感じで、でも国によって優遇されてる、みたいな。
当然給料もいいんでしょうね。アメリカだし。。
もし興味があったら調べてみてください、応援しています。

お綺麗です

久しぶりに、といってもいつも写真家分からないのですが、ネットで、後藤久美子さんを見ました。
いわゆる、ゴクミ。
いつ見てもお綺麗でいらっしゃる。
デビューした時から綺麗だったけど、今も、もっと綺麗かも。
年齢重ねてもあれなら納得な綺麗さです(なんに納得??)。

美形っていうのでしょうかね、無駄なことしなくてもそのままで綺麗。
スタイルも抜群です。
余分なものがない(贅肉とか??)。

今も、家事をまったくしなくていい生活してるので、生活感がないですね。
それでも母親と妻のやるべきことはしてるというか、もっともそれを大事にしてるそうです。

あんな綺麗な人が家にいるってどういう感じでしょうねー。
伊ででもぬかりがないんだろうなー、ファッションとか。
ヨダレたらしてセンベイ食べる、なんてしないんだろうよー。

シンクにお茶碗がいっぱいになって、それでも庭にお水あげて野菜育ててるから
今はこっち、って、お水やりに夢中になってて、
その間に煮物から煮汁がこぼれてコンロも汚くなっちゃった、
なーんてあり得ないわけだ。

いいなー、そんな生活。
自分にできるかどうかは別だけど。
(お金があっても、ですよ)

彼氏なのに

知り合いで、彼氏が大好きでしょうがない人がいます。
当たり前?
いやー、もういいトシですからね、若い人の恋愛じゃないから、
聞いてて恥ずかしいよ。

ともかく、その子の彼氏がよく病気するんですね、そのたびに知り合いは一緒に病院行ったりして。
先日も、約束してあったことがあったけど「ごめん、病院付き添うからまたにして」ってありまして。
いい加減にしなよー、子供じゃあるまいし、って思ったものです。
むろん、本人にはいいませんけどね。

彼氏だっていいトシです、あまり彼女に甘えるととんでもないことになりそー。
だって、あまり甘えてそれに答えているから、
もし喧嘩したら、とか、もし別れたらなにも出来ない子になっちゃうじゃないかー。

「子」って書きましたが、大人ですよ。
でも彼女より少し若い。
でもおっさんです。
もうね、本当にいい加減にしてほしい、ふたりともです。
見てて気持ち悪いけど、本人たちは分かってないんだなー。
あーきもい。

、、、いいすぎ??

タイタニック

もう、、、何十回って見てます、100回は軽く超えてるだろうな、、タイタニック。
あの有名なディカプリオのタイタニックだけではなくて、他のも見てますからね、
どれだけ好きか分かります?

タイタニック号に乗っていた日本人についても調べていた事があります。
細野さんという人で、これは最近では有名な話になってきましたね。

生きて帰ったことだけではなくて、人をはねのけてボートに乗ったというデマが流れたから、
ものすごい批判を浴びていたそうです、でもいっさいのいいわけをしないで耐えた。
昔の日本人はこんな感じでしょう。

その後、ジェームス・キャメロンの、あのディカプリオのタイタニック撮影時の長さで
人をはねのけていたのかその日本人ではない、ということが分かった、というオチです。
いつの時代もこんな感じです(?)。

とにかく彼の汚名は綺麗になったのですが、でも生きて帰ったことで苦しい余生を送ったらしい。
お孫さんがYMOのメンバーだとかで、細野さんが生きて帰らなかったら
YMOもなかったかも、ってことになります。
今またタイタニックの沈没についてさまざまな話が出てきていますが、
沈んだことだけは確かで、多くの人が犠牲になったのも、これまた事実です。

英語では、「大きなもの」「壮大な事」として「タイタニック」という言葉が使われる事があります。
それだけ大きな事件でしたし、こうして人の心を傷つけて生涯にわたって苦しんだ人がいるってことですねー。

こわーい五輪

なにかの種目で(もうすでに皆知ってるでしょ?)
ライバルにドラッグを飲ませたとして日本でも事件になった、、、あ~こわい。

これと同じようなことは過去にもあってこの度映画化されたとか。

1992年のアルベールビル五輪で4位となったハーディングさんは、
この大会の銀メダリスト、伊藤みどりが女子として五輪で初めて成功させたトリプルアクセルをアメリカで初めて跳んだ選手であり、リレハンメルでもメダルを期待されていましたね。

だけど、度重なる私生活のトラブルや、ジャッジにも平気で文句を言う本人の性格などから、
フィギュア界の「問題児」ともされて事件へとつながっていくんですねー。

殴打された膝が回復したケリガンはリレハンメルで銀メダル(アルベールビルでも銅メダル)。
鮮やかな復活劇を演じた一方、ハーディングは出場したものの8位に終わりました。

この大スキャンダルは、フィギュアスケートの歴史の中でも多くの人に記憶されているようです。
(私は知らなかった)

こういうの、なくなってほしいけど、
あると映画になってその点でいうと嬉しい。
見たい映画がまた増えた(笑)。